CineReview
独断と偏見で選んだ映画・DVDの感想・(似非)批評をしていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイヨウのうた
taiyonouta.jpg

太陽の光にあたれない難病XP(色素性乾皮症)の少女、雨音薫(YUI)は16歳。昼間の高校に通えない薫は、夜になると駅前広場に出てギターの弾き語りをしている。そんな彼女にとって、早朝にサーフボードを持ってたたずむ1人の少年(塚本高史)を、部屋の窓から眺めることが密かな楽しみだった。夏休みを間近に控えたある日、夜の街で少年と遭遇した薫は、勇気を振り絞って彼に声をかける。薫と少年・孝治はやがて親しくなり、月の下でデートをするようになるが…。

「世界の中心で、愛をさけぶ」「今、会いに行きます」に続く純愛3部作と言われている作品。
私的には初っ端からハードルあげすぎでは・・・と懸念。
観た人がじわじわ口コミして宣伝していったほうがよかったのではないかと思う。「純愛完結編!」とか言われると、最初から「どれどれ・・・」と斜めから観てしまいそう。私だけか?

というわけで、まずエラそうに攻めから入らさせていただきます。まずこの主人公の持つ「色素性乾皮症(XP)」は皮膚症状から付けられた病名。
でもね・・・、YUIたん、お肌つるっつるなんですよ。健康な私なんかよりもね(笑)
後半から、徐々に病状が悪化して手に麻痺が出てきて、ギターが弾けなくなって、ついに車椅子生活になっても、知的にはそのままというのも、進行すると脳に障害が出てくるという実際の病状から考えると不自然。
そして、最期も、ソバカスひとつない、つるっつるの顔のまま。というかどう見ても死人の顔ではなく、むしろあのカットは必要だったのかとすら思ったが。
なんだか、XPがセカチューでの亜紀の白血病のような恋の上での障害という目的で、しかもあの作品よりも軽く扱われているような気がしてならない。
この映画が、「病気が進行していく様子を描く」のが目的ではなく「薫と孝治の悲恋を描く」のが主題だったとしても、実際その病気で苦しんでいる人も居るわけだから、ネタのように扱って、しかも病気の現実にそぐわない描き方をするのはいかがなものか。と思ったりもしたわけで。

次にそういった病気の描写抜きで語り始めますと・・・
最初は映画初主演というか演技も初挑戦のYUIたんの演技、覚悟はしていましたが、やはりまぁ、よく言えば純粋な感じですが、やっぱり女優ではないんだなという余計な思いがよぎって集中しにくかった。彼女のそういう演技がしっくりくるところと、やっぱり「演技」に見えてしまう不自然なところがあったので一概に否定は出来ません。

また、彼女にはその演技をカバーするだけの歌唱力があった。
YUIとしての活動は歌番組などで知っていたが、この映画の中でほど、心を突くことはなかった。彼女の歌がすごいのか、この映画の音響技術がすごいのか、とにかく路上ライヴのシーンは鳥肌が立ったし、感動した。やっぱりあんたは歌手だよ、と思った。

脇役陣はお父さん役の岸部シロー・・・じゃなかった岸谷五朗がねぇ、何か切ない顔や悲しんでる顔がすごい怒ってる顔に見えて、あれはそういう顔をするべく意図的だったのか、・・・私には彼が一重目ゆえにあんなニラミの効いた顔になったのではないかと思うのだが。お父さんといい、お母さん役の麻木久仁子といい、薫を囲む環境がイマイチ自然ではなくて、娘を失うかもしれないという親の辛さとか凄まじい感情の揺れなどがあまり伝わってこなかったな。ここでも、どうしてもセカチューの描写と比べてしまうけれど。

ドラマ化も既に決定しそろそろ始まるんでしょうが、セカチューもドラマで、より詳しく描かれて、厚みが出た気がしますし、今作もそうなればよいですな。山田はんは、頑張るだろうが、沢尻エリカたんの歌はいかがなものか。未知数です。

映画について私は割とキツめですが、この姉さん はこの作品で痛く感動されたようです。


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

初恋
hatsukoi.jpg

東京の府中で現金輸送車が襲われ三億円が強奪された。それも人ひとり傷つけずに、わずか数分で。それから40年近くもの月日が流れているのに、わたしの中の喪失感は今も消えない。
心の傷に時効はないから・・・。
「私は三億円事件の犯人かもしれない」と女子高生が語り出す衝撃の告白から始まる。

1968年。時代が熱くうねっていたあの頃。学生運動の盛んなこの時期、ある時警察隊との衝突に巻き込まれ、警察に殴られ、JAZZ Bでつるんでいた仲間たちが負傷してしまう。
「国家権力を許せない・・・」岸(小出恵介)にラブホテルに呼び出され、みすず(宮あおい)は驚くべき相談を持ちかけられる。それは東芝社員のボーナス3億円を奪う計画だった。
免許を持っていないが女で、バイクも車も運転できるみすずは絶好の実行犯なのだ。

この計画が上手くいけば岸と一緒に過ごせる。岸と二人だけの秘密を持てる。人から必要とされたことのないみすずは初めて人から必要とされ、みすずはその計画に乗ることを決意する。
事件に隠された、どこまでも純粋でどこまでも切ない初恋の思い出。
中原みすずの小説「初恋」を完全映画化。


本をあまり読まない私は、「中原みすず」って、中原中也と金子みすずを足して2で割ったような名前のため、すごい作家でいっぱい本を書いている人だと錯覚していましたが、この人はこの作品しか書いていない謎の人なのですね。
三億円事件を実行したのが女子高生で、それは好きな人のためだった、なんてロマンティック!!と興奮した。とにかくその題材にすごく惹かれたので行ったみた。

でもいざ観てみたら、「あおいたんみすず!、こんな男のために危険な橋を!?」と思わざるを得ない感じ。私は、小出恵介演ずる、岸に全く何の魅力も感じなかったのだが・・・。
事件のハラハラ感もそんなになく、じゃあ恋愛を描いているかといえばそうでもない。
言葉少ななみすずを、あおいたんが細かい表情の変化で表しているのはすごいと思ったが。
というか、もう既に序盤から、多分この映画はあおいたんの演技力しか見所がないのではと思い始めたりもした。
あと見所といえば、バイクに乗るところの格好良さとミニスカートをはいたあおいたんの細さだろうか。ひたすらあおいたん。

見終わった後、もやもや少し体が重い感じが残るかなと思っていたのに、まったく何も引きづれず、案外あっさり終わった。んーなんか物足りない。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

三年身篭る
20060210_125740.jpg

末田冬子(中島知子)、29才。彼女に生じた唯一確かなこと、ただいま妊娠9ケ月の妊婦であること。
でも、お腹の子どもはまだ外に出たくないらしい。十月十日を過ぎても一向に産気づく兆しは訪れず、いつしか人類史上例を見ない妊娠18ケ月目に突入。
自分ではなく宇宙人の子どもを宿したのではないかと疑う夫の徹(西島秀俊)、周囲の好奇な目、なぜかクールな母(木内みどり)や祖母(丹阿弥谷津子)、そして妹・緑子(奥田恵梨華)の愛人である医師の海(塩見三省)は、冬子をネタに世界初の症例論文を狙う。怒り狂う緑子。
そして、ついに冬子は驚異の妊娠27ケ月目。最初は浮気をし母子に無関心で、家事もろくにしなかった徹も次第に母子がいとおしくなり、人里離れた山荘で夫婦生活を始める。冬子のお腹は、風船のように膨らみ、その中で子どもは外界の事件や空気に感応し、泣いたり笑ったり怒ったりしはじめたのだった―。


東京でも新宿でしかやっていないというのに、西島さん観たさに行ってしまいました。
目的と結果が同じと言う形で終了。
内容はタイトル通り、妊婦が三年間も子供を身篭るというあり得ないものでして、
主人公は妊婦なんだけれども、結局は、頼りない夫がパパへと成長していく過程が描かれているのかなと思われました。そう、その夫役のねー、西島さんが良いのです。あぁ、ここからは西島さんフリークである私が冷静に感想など書けるわけがないことを前提にお読みください。

最初の不倫&家事及び脱いだもの廊下に脱ぎっぱなしのダメダメ男のときと、
「パパになるよ」と言ったときの顔つきがまるで違った。急に変わったと言うよか、きっと徐々に変わってきてはいたのだろうけどそれはとても自然で、というか、演技が一貫して自然で、
本当に「旦那さん」という感じでした。

所々に笑いがあるのですが、ほぼ西島さん発信。
あの真顔でふざけたこと(本人は真剣)を言うのがおかしくて。
その他キャストが皆、キャラがすごい個性的だし、話の流れもスムーズと言うより、「え?え?」という感じで、私の中では「不思議系映画」の括りに入ります。
この演出の意図は…と考えたら答えが見つかる前にまた不思議な演出。
でも案外、私たちが生きている日常ってこんな感じなのかもと思ったりもしました。
毎日付箋だらけじゃねぇ、疲れますよ。ええ。
だからなのか、とんでもない設定の話のなのに、案外普通に受けとめていたり。
それから、食事シーンがとても印象的で、おいしそうな料理の数々が幾度も出てきます。
食事のシーンがもっとも色彩豊かで、楽しげ。本当にあんなのを毎日作っているのなら凄すぎです。でも健康的。

冬子の親族は皆、女系家族なので、女だらけの葬式ってあんななのかと思うとちと怖いです。
そんな中、居場所がなさげな徹さんも可愛らしかった。

スクリーンいっぱいの西島さんに、至福のときを過ごしました。
これでもかというスーツ姿。走る。笑う。脱ぐ。電話する。フタ開けまくる。テレビ見ながら足ぶらぶらも何とも言えない。
そして「いないないばぁ」←これだけでも一見の価値ありでした。

冷静に書け!私!


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

THE有頂天ホテル
uchoten.jpg

大晦日を迎えた「ホテルアバンティ」では、ホテルの威信がかかった年越しカウントダウンパーティーの準備で大忙し。そんな中でも副支配人の新堂平吉(役所広司)は、様々な問題に機転を利かせて対応するのだが…

ちょこまかちょこまか、あらゆるところに笑いが散りばめてある作品です。
なんたって超豪華キャスト。主役はれる人ばっかりじゃないですか。
でもあれだけの(濃ゆい)キャスティングでもバラバラにならないのは、
やはり三谷幸喜監督の力量だったのでしょう。

お気に入りは「出オチ」の筆耕係・右近さん(オダギリ・ジョー)
「謹賀新年」の垂れ幕を書くための紙の代用として使ったシーツの上を膝でトコトコ移動する様が何とも言えない。彼を筆頭に(え?)、皆クセだらけ。
新堂副支配人(役所広司)の嘘、客室係ハナ(松たか子)のカタコト日本語、
白塗りで走り回る総支配人(伊東四朗)、空回り具合がいつまで経っても慣れられない川平慈英、ん?どっかで見たことあると思ったら元劇団四季の堀内敬子(睦子ちゃん)、おしり丸出し大物演歌歌手(西田敏行)、宇宙人耳を持つ坂東親子(津川雅彦・近藤芳正)、挙げていったら全キャスト言ってしまいそう。
いつもキレ気味な寺島 進さん(ホセ河内役)。相変わらず今回も語尾には「バカヤロー」。全身ダサ青ジャージもキュートでしたが、仕事の本番だとトランプマンになるとはね・・・。
でもホテル内で唯一まともな人間だったのはアシスタントマネージャーの戸田恵子でしょう。彼女が全部を締めてる感もあります。

とにかくストーリー内には細かな伏線だらけ。全てが何かにつながっているので、ひとつひとつ真剣に見ていないと楽しさが半減してしまうような作品です。長めな作品ですが、退屈はしませんでした。
また、観客の世代の幅が広いので、映画館でも皆笑いどころでどっと笑います。
きっと心置きなく笑えるでしょう。
2時間16分という上映時間は、映画の中で流れる時間を意識して作られているとようなですよ。それを知ってということもありますが、これは舞台でやっても面白くなりそうな作品だと思いました。

しかし「くねくねダンス」は気になる。
見るだけで幸せに慣れるなんて、どんな素敵な舞いなんだろうか。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

ALWAYS 三丁目の夕日


昭和33年の東京。短気だが情の厚い則文(堤真一)が営む鈴木オートに、集団就職で六子(掘北真希)がやってきた。その鈴木オートの向かいで駄菓子屋をする茶川(吉岡秀隆)は、芥川賞の選考に残った経験がありながら、今は少年誌に冒険小説を投稿する日々。ある日茶川は、淡い思いを抱く飲み屋のおかみ、ヒロミ(小雪)に頼まれ、身寄りのない少年、淳之介(須賀健太)を預かることになる。シリーズの総発行部数が1400万部を記録する西岸良平のコミック「三丁目の夕日」を、「リターナー」の山崎貴監督が映像化。

これは、一人で観に行って来ました。
私は昭和59年生まれなのに、なんで、こんなに懐かしく、泣けるんだろうと思いました。
ベタだけど、繰り広げられる数々の温かい人間ドラマにはやっぱり涙。

まず言うべきはVFX(CG)の使い方がいい。
「最新の技術を駆使してます!」って全くでしゃばってない。自分があたかも「そこ」に居るような劇場でそんな感覚を覚えました。CG映画を嫌ったりはしない。SWとか大好きだし。
でも、未来とか異次元ワールドを作れることより「過去」を再現できることがこんなにも素敵だなんて。そう、この映画は、観ていてすごい目立つ出来事や人物というのが居ないから自然なのだろう。

役者さん達の演技が素晴らしい。皆、三丁目に生きている人たちでした。
茶川さんも、淳之介も、鈴木オート一家も、ヒロミさんも、アクマ先生も、氷屋さんもそう、皆に物語があって、全員が主役。
特に挙げて言うなら、元祖へタレ純くん…じゃなかった、吉岡さん演ずる茶川竜之介(この名は…)。彼は欠点だらけなのにケンカになったら「東大でてるんだぞ」とか言っちゃう性悪インテリ野郎ですが、吉岡さんが演ずることでとても愛すべき人に思えました。全力でやってくれている故でしょう。でもマジで突き飛ばされて、マジで転んでいるのは、かなり痛そうでした。

淳之介と一平の子役2人の演技もグッと来る。堤オヤジも最高なんだ。ぶちギレたら戸とか突き破っちゃうし。息子の頭たたくタイミングとか抜群。
それから、"いい人役"が定着している小日向文世さんですが、この映画では珍しく"悪者"でした。彼に淳之介が連れてかれるのは辛かった。その後茶川さんが部屋をめっちゃくちゃにするくらい乱れる様子にもっと苦しくなって、それから淳之介の手紙で茶川さんに負けないくらい泣いた。

薬師丸母さんのお守りも、サンタさんのくれた万年筆も、六ちゃんのお母さんの手紙も、もちろんラストも…とにかくね、「泣くように作られたエピソード」にはとことん泣かされました。でも嫌な気はしない。自然なことだから。日本人だったら…ヒトだったら、やっぱり胸が熱くなってしまうよ。
人間の根底にある愛情が、イヤらしくなく表現されているからこんなにも温かくなるのだと。

パソコンないとどうにかなっちゃいそうな私だけどさ、毎日お風呂に入らないなんてやっぱり嫌だと思っちゃう私だけどさ、でもあの「あたたかさ」がものすごく羨ましい。

「あたたかさ」以外にもう1つ。この作品で感じるものは「希望」でしょう。
鈴木オートの社長もいつか「ビルヂング」を建ててやると自らの成功を望み、茶川さんもまた小説家になることを強く夢みている。
この作品であたたかさを感じるとともに、それに浸るだけでなく、「前に進むこと」ということが希望であり、また現代に生きる自分たちにおいてもそれは変わらないはずだということで"ALWAYS"なんじゃないでしょうか。
で、その象徴が東京タワーのはずなんですが、予想に反してあまりスポット当たってなかったな…。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。