CineReview
独断と偏見で選んだ映画・DVDの感想・(似非)批評をしていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エド・ウッド
edwood.jpg

"史上最低"の監督と言われた男、エドワード・デイヴィッド・ウッド・ジュニア、通称エド・ウッドの半生を描いた伝記映画。 ティム・バートン監督。
映画監督志望の青年エド・ウッド(ジョニー・デップ)は、性転換手術をテーマにした映画に取り組もうとするが、出資してくれるプロデューサーがいない。そこで彼は往年のドラキュラ俳優ベラ・ルゴシ(マーティン・ランドー)を口説き、彼を出演させることを条件に、資金を集めようとするのだが…


最近ジョニー・デップの作品をよく観るが、彼の女装姿をこんなに観ることになるとは思わなかった。ドンファンもそうであったが、今作はなんせ、「女装趣味」の役。渋くて色っぽいいつもの姿はまるでない。そもそも望んではいけないのだ。
甲高くかかる「カ~ット!」の声。
女装し、メガホン片手にガニ股で歩きまわる姿。
なぜか女装モードになると、ヒール靴を履き、ブロンドのヅラをかぶり、ブラもします。でも、ヒゲは生えたまま~。そして女装グッズで欠かせないのがアンゴラニット。
自己制御できなくなるほどキレちゃったら「こうなったらもう…」とか言いながら頬にアンゴラをスリスリすれば落ち着いちゃう。…ヤバイ、ヤバ過ぎる。
すいません、あまりにもショッキング印象的だったもので女装のことしか書いてない。

さて、作品について語りましょう。実話なので出てくるキャラクターも。皆実在していたようです。
モノクロ映画なので、それだけで「古臭い」と倦厭する方も居るかもしれませんが、気になりませんでした。キャストが新しいし、ジョニーの他に、恋人ドロレス役でサラ・ジェシカ・パーカーが出ています。あの、ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」の彼女です。
出だしから「私って馬面?」とか……言わせちゃったよ、ティム・バートン。
そんな馬面の彼女とエドのカラミが面白かった。中でも喧嘩のシーンがとても。
ドロレスがエドにぶち切れするシーンは壮絶です。最近あんまり見ないくらい壮絶。食器やら何やら危険なものをワーワー言いながらどんどんエドに投げつけます。でもなかなか命中しない。
「よく避けるなぁ」と感心していたら、最後に後頭部にフライパンが見事(!?)直撃!
ぶっ倒れるエド(というかジョニー?)。昔のコントみたいだけど。それから、
無茶ばっかりするエドについに愛想をつかして別れを告げるシーン。去っていくドロレスを"凄まじい格好"で追うエド。別れのシーンってもっとシリアスなはずなのに笑わせてどうするのよ、と思いながら声出して笑ってしまいました。大真面目なこと言ってるけど、その"格好"で言うなよ。
なんだよガーターベルトって…。いかんいかん、また女装の話になるところだった。

エドという人は「何が何でも」映画監督になりたかった。
だからストーリーのつじつまが合わなくてもOK!俳優やスタッフだって、おかまやら、巨大なプロレスラー(声とかボブ・サップみたいだった)やら、そんな人らしか使わない(というよりそういうのしか使えない?)。何があっても1TAKEしか取らない。もうインチキなB級路線まっしぐらでも気にしない。
でも何だっていい。1本でもいいから、歴史に名を刻みたかったのだろう。でも称号はどうあれ、彼は映画監督として歴史に残れたのだから、彼としては良かったのだろう。

マーティン・ランドーは、このベラ・ルゴシ役でオスカー助演男優賞を獲得したらしいのですが、納得。演じているというか、ホンモノにしか見えなかった。本当に彼は昔ドラキュラ役をやってて、今は落ちこぼれてヤク中なんだろうなって。しかも(私は見たことがないけれど)実在していた怪奇スターのベラ・ルゴシに見た目もそっくりなんだそう。凄いなぁ、役者って。
その他、サラ以外にも濃いキャラだらけ。

モノクロだなんて観てたら忘れます。2時間ちょいの長編だけど観られます。
エドという人間を愛すティム監督の成す技でしょうか、伝記なのに硬くない。
作った映画がつまらなくても、生涯を語る映画がこんな魅力的になるのだからエドは立派な天才。
いや、ティムが天才なのか?
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

エバー・アフター
D111221567.jpg

童話「シンデレラ」の物語を元にしたラヴ・ロマンス。
16世紀のフランス。女王がグリム兄弟を城に呼び、童話「シンデレラ」の物語の真実を語らせる。
その昔、ダニエル(ドリュー・バリモア)という少女が居た。
彼女は父と二人で暮らしていたが、ある日父が再婚。しかしその父の急死し、それ以来、父の財産をわがものにした陰険な義母(アンジェリカ・ヒューストン)と彼女の連れ子の姉妹マルガリート(ミーガン・ドッズ)とジャクリーヌ(メラニー・リンスキー)に下働きをさせられていた。
ところがそんなある日、そのダニエルはフランスの王子ヘンリー(ダグレイ・スコット)と運命的な出会いをする。


とても丁寧に作られている作品だと感じました。
誰もが知っている「シンデレラ」のお話。ストーリーは童話とほぼ同じだけども、魔法使いや、カボチャの馬車などの魅力的グッズは出てきたりはしまへんが、違和感はありません。

なんと言っても表情豊かなドリューが可愛い。
しかし、か弱いヒロイン像ではなく芯の強い女性を見事に表現しています。
それでまた脇役がさ、継母があのアダムス・ファミリーのママンなわけですよ。
あのメイクしなくても怖いわ。顔も顔だけど、とにかく絵に描いたような強烈意地悪母さん。
でも童話と違うのは魔女みたいにひたすら意地悪いんじゃなくて、
たまーに人間臭い表情をチラッと見せるので、ちょっと憎めない。
あとおまけの憎たらしいお姉さまがたも、人間的な描かれ方をしていると思う。
妹の方の心の変化は、素直に「良い子やん」と嬉しくなりました。

音楽の効果でかなり気持ちが高ぶります。
音楽もそうですが、演出にいちいち揺さぶられました。
羽根をつけて舞踏会に現れたドリューは綺麗。天使!
その後の雨に打たれるシーンは泣いちゃう。

でも義姉への顔面パンチはもっと素敵!
確か意地悪な方のお姉さんはこの作品がスクリーンデビューだったかな。初にしてあのキャラ作りは頑張っていると思いました。

王子様にはディズニー映画のあの気品はなく、あやうくヘタレです。
いわゆる美男子!ではないと思う。そういうところもより「現実的」に見せるための制作側の意図だったのだろうか。


テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

エターナル・サンシャイン
20051101202917.jpg

恋人同士だったクレメンタイン(K・ウィンスレット)とジョエル(J・キャリー)はバレンタイン直前に分かれてしまう。ある日、そんなジョエルのもとに不思議な手紙が届く。

「クレメンタインはあなたの記憶をすべて消し去りました。
今後、彼女の過去について絶対触れないように」

ショックを受けた彼は自分も同じ手術を受けることにした。
しかし、手術中にクレメンタインと過ごした数々の思い出がよみがえり、「彼女を忘れたくない」と思い始める。無意識の中で必死の抵抗を始めたジョエルだが、手術を中止することはできなかった。


頭をミキサーでかき回されたような感じで見終わった後どっと疲れました。
ジム・キャリーが好きなのですが、コメディ以外のこんな人間臭いジムは新鮮で好きでした。
いつも変顔してるわけじゃないものね。
それから多感なクレメンタインを熱演していたケイト・ウィンレット。
未だにタイタニックのイメージがまとわりつく彼女ですが、今回は髪の毛の色を何回も変えたりファンキーな姉ちゃんでした。

ただそのほかのキャストがどうも苦手。
病院事務員役のキルスティン・ダンストは、凄く可愛い顔のときと凄く不細工な顔のときがあって
その差についていけない。
記憶消す施術の助手はイライジャ・ウッド。
これまた半端な演技でした。どうしても「自分を格好よく見せたい」感がチラリズム。

ストーリーは、複雑。時系列の中で酔いそうになった。
観ていて途中で考えるのやめようかと思ったほど。
どうやらクレメンタインの髪の色がヒントのようだけど。


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

オペラ座の怪人
opera.jpg

19世紀のパリ。
オペラ座では、連日華やかなショーが繰り広げられる一方、怪人ファントムによる事件が連発していた。若く美しいクリスティーヌは、謎の師「音楽の天使」からレッスンを受け、やがてオペラ座のプリマへと成長する。
クリスティーヌの幼なじみ、ラウルは、彼女の輝きに惹かれ愛を告白するが、「音楽の天使」ファントムはクリスティーヌを地下洞窟へ案内し、自分と共に生きるよう願い出た。
しかし、クリスティーヌがファントムの素顔を知ったことから、運命は悲劇へと向かい始める…。


別におすぎの絶叫推薦CMで興味を持ったわけではないですが
公開前からかなり期待していた作品。
ミュージカルの中で一番好きな作品だということもあって
事前のネット配信動画を観ただけで感動していました。

何せミュージカルを完全映画化なので、ずっと歌です。
好きな人は好き、苦手な人は苦手でしょう。
上演時間も半端なく長く、舞台でミュージカルを観るときには途中で休憩がありますが、映画だからそんなものあるわけがない。
現に私が観にいったとき、途中で隣に座っていた御婦人が腕のストレッチを始めました。

作品そのものを楽しんでもらうためだけに、超有名どころをあえてキャスティングしなかったそう。
でもこの作品でファントム役のジェラルド・バトラーは一躍日本の女性達の心を掻っ攫っていきましたけども。どうせヨン様を追っかけてるオバさん層だろと思うなかれ。
私も心奪われた一人。でも彼に、というよりやはり作品に、ということなのでしょう。
上演当初は4度ほど観ました。
ムック本も買い、初回限定のサントラも買い、
ついにはめちゃんこ高いこれまた初回限定のDVDボックスも購入。


この作品を観るまで私は長らく洋画嫌いでした。
ムダに派手で、お決まりの結末ばかりのハリウッド映画に嫌気がさし、
邦画ばかりを観ていました。
でもこの作品を観て、やはりあっちにしか出来ないような高いクオリティを感じたことから、
洋画嫌いの心が解けた気がします。

久々の洋画だったので、字幕がとても新鮮に感じました。
(なっちのおかしな字幕でしたけど。)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。