CineReview
独断と偏見で選んだ映画・DVDの感想・(似非)批評をしていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アドレナリンドライブ
20051103023413.jpg

ヤクザの車と衝突事故を起こした気弱なレンタカー店店員・悟(安藤政信)はそのまま組の事務所に引きずりこまれ、法外な額の金を請求される。絶体絶命の危機に、いきなり事務所がガス爆発!
偶然近くのコンビニに居たお人好しの看護婦静子(石田ひかり)が現場に駆けつけると、そこには奇跡的に助かった悟と、組の隠し金が散乱していた。
思わずそこから2億円を強奪し逃走する2人だったが、嗅ぎつけたチンピラとヤクザに追われ…。


「ウォーター・ボーイズ」「スウィングガールズ」などで有名?な矢口監督の作品。
とってもストーリー展開が軽ーいの。コメディだしね。でもちゃんとしてるお話だと思う。
観る前は石田ひかりのキャスティングに「どうなんだろ」と思っていたけれど、
真面目で後輩からもアゴで使われるような地味な役は合っていた。1999年の作品なんだけどどうも最初の方の彼女には昭和の香りを感じてしまった。でもどんどん変身していくから心配ないわ。
笑えるけど、ヤクザの黒岩と婦長の絡みはジーンと来るよ。

気を張らずに観ませう。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cinereview.blog34.fc2.com/tb.php/11-dd1941d7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。