CineReview
独断と偏見で選んだ映画・DVDの感想・(似非)批評をしていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SF サムライ・フィクション
20051103191954.jpg

短気な若サムライ犬飼平四郎(吹越満)が江戸で剣の修業をして国へ帰ったところに、お家の一大事が起こった。殿様が強さに惚れこんで刀番として雇った、浪人上がりの風祭蘭之介(布袋寅泰)が、エリート・サムライを殺し、将軍家からいただいた宝刀を奪って逃げたのだ。
宝刀の盗難がバレるとお家は断絶。藩の重役たちはニセモノを作って消しをはかる。長島藩の家老・勘膳(内藤武敏)の息子である平四郎、藩の軟弱な姿勢にキレ、父の制止も聞かず、幼なじみの黒沢(大沢健)や鈴木(藤井尚之)との3人で風祭を追う。


SFシリーズ。感覚で観る映画です。
監督は常に「ピース」がテーマの中野裕之。
面白いけど元々ミュージックビデオを手掛けていた人なので長いPVを観ているという感じ。
でもこの作品の後に「赤影」を撮ったらしいのだが、なぜ赤影が「ああ」なったのかちょっと不思議。
先に書いた以外にも、キャストは豪華。絶対に人を斬らないピースなサムライに風間杜夫、色気ムンムンの夏木マリ、純心可憐な緒川たまき、藤井フミヤ、そしてその弟の藤井尚之、情けないコケッぷりが哀れな故・中島らもなどが出ております。

でも観た後に何が残るのか、と言えば…?
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cinereview.blog34.fc2.com/tb.php/16-99d0e92a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。