CineReview
独断と偏見で選んだ映画・DVDの感想・(似非)批評をしていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

贅沢な骨
20051103205336.jpg

ホテトル嬢ミヤコ(麻生久美子)と、心に傷を持つ少女サキコ(つぐみ)。
二人はミヤコの仕事で得たお金だけでなんとか暮らしていた。ある日、いつものように仕事へ出掛けたミヤコが向かった先は、新谷(永瀬正敏)という初めての客のもと。そこでミヤコは新谷という男に何か特別な感情を抱いてしまう。
やがてミヤコはなぜか自分と新谷の間にサキコを巻き込み始めるのだった…。


ちゃんとした邦画だと思います。
痛いです。異なる不思議な魅力をもつ主演の2人の女の子それぞれの一面を女の子はどこかに持っていると思うので、女の人の方がきっと痛みを感じるはずです。
じゃ、男の楽しみは何もないんか!そんなことはナイです。男性はきっとこの2人の色っぽさにやられます。2人とも体張ってますからねー。
永瀬正敏を含むこの3人の距離感がとてもうまく描写されています。

ミキサーに金魚は、ギョッとしますが。

監督は「GO」「世界の中心で愛を叫ぶ」の行定勲。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cinereview.blog34.fc2.com/tb.php/19-c06179ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。