CineReview
独断と偏見で選んだ映画・DVDの感想・(似非)批評をしていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドオブミュージック
20051103230157.jpg

修道女見習いのマリア(ジュリー・アンドリュース)は、修道院では問題児だった。そこで院長は、マリアをトラップ大佐(クリストファー・プラマー)の家に送り、7人の子供たちの家庭教師とした。トラップ家に受け入れられたマリアは、やがて大佐への恋心に気づく。そのうち、第2次大戦が始まってしまう。
トラップ一家の子供たちと家庭教師の修道女との心の交流を通して家族愛の美しさを描いたミュージカル映画の傑作。


名作と言うのは聞いていたけれど、21歳になる今まで1度も観たことがなかった。
きっかけは6月の中学での教育実習。オペラとミュージカルと歌舞伎を取り上げ、総合芸術について授業をしようと、授業内で簡単に生徒に見せられるものを探していて出会ったのが初めて。
うわ~この機会を逃していたら私はこの秀作を一生観なかったかもしれないのか、と思うと怖い。
知っている曲はドレミの歌とエーデルワイスくらいだと思っていたけど、全部知っていた。作品は観なくても曲に触れていたのだ。そしてどれの曲も好き。
しかも歌ばっかりなのに間延びナシ。なぜ!?
ジュリー・アンドリュースの歌が元気をくれる。子供たちの可愛い歌に思わず微笑む。大佐も渋くてかっこいい。
授業のために教材研究をしなければいけなかったのだが、この作品を知るためなら繰り返し観るのも苦ではなかった。

子供たちは可愛く、中でも長女の美人さにはアングリだった。

賞総なめ作品というのも納得。購入しました。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cinereview.blog34.fc2.com/tb.php/23-b24731dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。