CineReview
独断と偏見で選んだ映画・DVDの感想・(似非)批評をしていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショコラ
chocolat.jpg

フランスのとある小さな村。レノ伯爵(アルフレッド・モリーナ)の猛威で因習に凝り固まったこの村に、ある日、不思議な女ヴィアンヌ(ジュリエット・ビノシュ)と娘アヌーク(ヴィクトワール・ティヴィソル)が越してきてチョコレート店を開く。厳格なこの村に似つかわしくないチョコだったが、ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。やがて村の雰囲気も明るく開放的なものになっていくのだが…

このパッケージだけ見るとラブストーリっぽく見えますが、内容は異なります。男女愛の要素が皆無なわけではないけれど、もっと大きくて温かいものをテーマにしていると思う。
一見、インパクトが無い作品のように思えますが、見始めるとどんどん惹きこまれていった。大きな感動はないけれど、心にはしっかり残る作品だと思う。
チョコで人を幸せに出来るだなんて素敵じゃないですか。出てくるチョコメニューはどれも美味しそうで、中でも私はホット・チョコが飲みたくてたまらなくなった。観てるだけで口の中が甘~くなってくるような。だから、チョコ嫌いの人には観てられないぐらいかもしれないね。

ジュリエットが好演しているヴィアンヌがとっても素敵な女性で、メイキングなんかを見ているとジュリエット自身もそうなんだろうなと思った。その娘アヌーク役の子はどっかでみたことあるなぁと思ったら、『ポネット』で注目されていた、かわい子ちゃんでした。
ジュディ・デンチの存在感ある演技、その他の登場人物も皆キャラクターがしっかりと作られているので入り込める。ジョニー・デップも出ています。
今回は海賊ならぬ「川」賊役で(笑)彼の弾くギターも聴けます。DVDのパッケージになるくらいだから出ずっぱりなのか、と言えばそうではなく、一種のスパイスとして(チリ・ペッパー?)登場する感じです。

ヴィアンヌを始めとして、村の女性の着ているファッションの色使いや形が綺麗でとても女性らしくて良いなぁと思いました。

綺麗なストーリー・キャストの生き生きとした演技・漂い、時には気持ちを代弁するような音楽、それから舞台となる村もセットではなく本物の小さな村を使って撮影(一部を除く)したそうですが、どこか不思議な雰囲気が漂っていて、本の中の世界みたいだった。秀作でしょう!
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://cinereview.blog34.fc2.com/tb.php/28-3fb31090
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ショコラ【2000・アメリカ】

角川エンタテインメント ショコラ DTS特別版 ★★★★★昔からの伝統が根付くフランスの小さな村にヴィアンヌ(ジュリエット・ピノシュ)とその娘がチョコレートショップを開くためにやってきた。最初は村人に受け入れられなかったチョコレートショップ Happyになれる映画を観よう♪【2005/11/11 19:55】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。