CineReview
独断と偏見で選んだ映画・DVDの感想・(似非)批評をしていくブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ライフ・イズ・ビューティフル
LIFE.jpg

1939年イタリア。いつも陽気で、人々を楽しませる達人グイド(ロベルト・ベニーニ)が、トスカーナのある街にやって来た。そこで彼は小学校教師のドーラ(ニコレッタ・ブラスキ)に恋をする。彼の純粋さとロマンチックな人柄は、確実に彼女の心をとらえ、困難の末ふたりはめでたく結ばれ、息子ジョズエ(ジョルジオ・カンタリーニ)を交えた親子3人の幸福な家庭を築くのだった。
だが、戦争の色が濃くなり、幸せだった家族に過酷な運命が…。ユダヤ系イタリア人のグイドとその息子であるジョズエは強制収容所へ。絶望と死の恐怖に支配された世界を目の前にしてもグイドは、幼い息子に悲惨な現実を悟られないよう、陽気に振舞い豊かな空想力を駆使し”嘘”をつき続ける。


冒頭まず感じたこと。
イタリア映画(原題:La Vita e Bella)なので、もちろんイタリア語が満載。イタリア語って英語に比べたら早口だからもしかしたら人によっては”攻撃的”に聞こえてしまうのかもしれない。イタリア語とか、イタリアのノリに「むー?」と思う人は、抵抗があるかも。
私は大学で少しかじっているが、やっぱり「速く」て、作中の会話を聞いていてもやっぱり1単語くらいしか聞き取れなかった。そんな「試し」が出来るほど、前半は本当に楽しい。
実際にこんな出会いがあったら素敵だな、と顔をほころばせて観ていた。”マジック”みたいな演出(この意味は観たらきっと分かります)は、映画というより演劇っぽいと思う。

でも後半は一転した。ナチスのユダヤ人迫害の映画やドキュメンタリー番組は何度か観たことがあるけれどどれも残酷・非情で、数十年前に行われていたということが信じられない。
それに比べ今作の描き方は、軽い…かもしれない。私は十分だと思ったけど。もっと酷いという事実を知っていれば、あとは想像力を働かせるべし。
強制収容所に入れられても、「ジョズエ、これはね、とっても楽しいゲームなんだよ!点数制度になっていてね、1000点得ったら、ご褒美で戦車がもらえるんだよ!」と言い聞かせ、どんなにつらい強制労働の後でも息子の前では笑顔を絶やさず、そして決して事実は知らせなかった。
でもグイドはあっけなく殺されてしまう。泣く暇もないくらい、あっけなく。そういうことだ。そうやって「あっけなく」殺されてったんだ、みんな。

ラスト、アメリカ兵の戦車に乗ってはしゃぐ無垢なジョズエが痛々しく、母ドーラとの再会シーンで初めて泣いた。そこで突然何かが切れたかのように、声を上げて泣いてしまった。その2人の笑顔を観て私は初めてグイドの死を感じた。
笑いと悲しみは紙一重っていうか…最後には、今まで笑っていたのがすべて、悲しみのバックグラウンドに見えてくるというか。

ちなみに主演のロベルト・ベニーニは、今作で監督・脚本もこなし、アカデミー主演男優賞、外国語映画賞、カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した。ちなみにグイド&ドーラ夫妻は、「実生活」でも夫婦だそうで、ニコレッタ・ブラスキはベニーニの監督作にはすべて出演しているそう。仲いいのね~。
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。